GDPランキング

GDPのランキングは世界銀行やIMFなどがデータ化します。

2050年のGDPランキングが有名

GDPのランキングは各国の情報を元に世界銀行やIMF(国際通貨基金)などがデータ化します。ちなみに日本のGDPは内閣府経済社会総合研究所が作成し公表します。HPには主要統計データが公表されています。

GDPのランキングを見るとその年の各国の経済状況がわかります。前年データと見比べることでGDPの伸び率、経済成長率が確認できます。GDPのデータは四半期ごとに発表されるので対前四半期の経済成長率も用いられます。

GDPは1年間に国内で生みだされた物やサービスの付加価値の総額のことです。国内総生産といいます。GDPにより経済成長率がどの位伸びたか分かります。GDPは、国の豊かさを測る指数ともいわれます。

GDPは国内で発表された後、世界各国のGDPがランキング形式で公開されます。GDPの世界一はアメリカです。2位は中国、3位は日本と続きます。ちなみに日本の3位は2010年からです。BRICs各国などの人口規模が大きい国は、所得水準が高まれば国内消費が爆発的に伸び、先進国から同諸国への輸出が拡大することが予想されています。

GDPのランキングは未来の予想も活発です。金融、シンクタンク各社が独自のランキングを発表しています。ネット上でも未来のランキングでは2050年のGDPランキングが有名です。世界ランキング統計局では「2050年のGDP世界ランキングと推移-各機関の予測一覧」がまとめられているので参考にできます。

2050年の予想ランキングでは2012年に公表された21世紀政策研究所の予測では日本のランキングは世界第4位になっています。同じく2012年公表のHSBCの予測でも日本は4位です。しかし、2つの予測ともに1位は中国、2位アメリカ、3位インドとなっています。アメリカの2位予想やBRICsの躍進が驚く結果になっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.