GDPとGNPの違い

GNPには、その国の企業や国民が海外で生産した物やサービスの金額も入ります。

GNPに代わりGDPが使われる時代に

GDPとGNPの違いは国内と国民の違いです。

GDP(Gross Domestic Product)=“国内”総生産
GNP(Gross National Product)=“国民”総生産

GDPは国内で生産された物やサービスなどの付加価値の合計額です。経済の規模をあらわすモノサシとなっています。GDPは国内で一定期間内に生産された物やサービスの付加価値の合計額です。 国内のため、日本企業が海外支店等で生産した物やサービスの付加価値は含まれません。GNPは、国民の総生産額です。その国の企業や国民が海外で生産した物やサービスの金額も加わっています。国内に限らず、日本企業の海外支店等の所得も含まれています。

「日本のGNP」といった場合は、日本人が生産した付加価値の総額なので、日本人が海外で生産した付加価値もその中に含まれます。しかし、それを把握することは簡単なことではありません。そこでGNPに代わりGDPが使われるようになりました。GDPは国籍を問わず、純粋にその国の中で生産された付加価値額を合計しています。

日本では従来はGNPで経済成長を表していましたが、国際化が進み、海外で生活する日本人や日本で生活する外国人が増えたため、多くの先進国同様にGDPを用いるようになりました。現在は国内の景気をより正確に反映する指標として重視されています。

GDPとGNPはいずれも国の経済規模を示す指標ですが、今や国境を超えたグローバルな活動が進む中で、国民に限定する意味が薄れてきたのも時代の流れかもしれません。さらに最近では日本企業や国民が国内外で得た所得の総額を示す、GNI(国民総所得)も経済指標として利用されるようになっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.