名目GDPとは?

名目GDPは、物価変動の影響は調整されていません。

実質GDP=名目GDP÷物価指数

名目GDPとはその年の経済活動の水準を算出したものです。

GDPには2種類あり、生産額を単純に足し、計算したものが名目GDPです。もう一つの実質GDPはインフレなど景気による生産額を考慮し算出したGDPです。

たとえば、生産量は同じままですべてのモノの価格が2倍になったとします。名目GDPは生産額を単純に足すだけですので2倍になります。しかし、実際は生産量が変わっていないのにモノの価格が2倍になっただけです。名目GDPが算出した額=単純に経済規模が2倍になったとは考えられません。そこで、名目GDPから物価変動の影響を加味した実質GDPを元に、経済が成長しているのかを確認します。

GDPは生産額を貨幣単位で表示しています。それには本来物価の変動を考慮する必要があります。たとえば、原料や加工料が値上がりすれば、去年と同じ数の物を作っていなくてもGDPの値も上がります。

物価が2倍になった時に名目GDPが2倍になっても、それは生産量の増加ではなく、物価上昇によるものです。名目GDPが増えても実質GDPが増えなければ、経済活動が大きくなったとはいえません。

名目GDPは、実際に市場で取引された価格を元にGDPを算出しているので物価変動の影響は調整されていません。名目GDPが増えても実質GDPが増えなければ、経済活動が大きくなったとはいえません。

通常、GDPの統計が発表されて経済成長率などの議論がされる時に用いられているデータは実質GDPのことです。それは本来の生産量を表しているのが実質GDPだからです。

実質GDPと名目GDPの関係は次の式で表されます。「実質GDP=名目GDP÷物価指数」です。GDPの計算の際の物価指数をGDPデフレーターといいます。GDPデフレーターは名目GDPを実質GDPで割ったものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.