タンス預金を安全に守りきるには

タンス預金のデメリットは、火事や泥棒や自然災害などです。

タンス預金を守りきるための対策

タンス預金は先ほども書いたようにメリットもデメリットもあります。特にデメリットで書いた火事や泥棒、自然災害に非常に弱い預金方法であると言えます。それは、現金を自宅に置くということに起因します。このように危険なタンス預金を守りきるためには、様々な対策が必要です。

例えば、火事に備えるということであれば、大谷石で作られた蔵などは耐火性に優れていることでは定評があります。関東大震災の大火事にも耐えることができました。次に泥棒です。家に簡単に忍び込めるようではタンス預金は泥棒のために預金しているようなものです。これを避けるためには、警備会社などと契約を結び、警備してもらう方法や、泥棒にも分からないような隠し場所、つまり、地中に埋めるなどの対策が必要です。地中に埋めるのはそれほど難しくありませんが、隠した場所を後で忘れてしまうとタンス預金そのものが無意味なものになってしまいます。現代の埋蔵金と化してしまいます。自宅に置く問題点として最後に取り上げるのは、東日本大震災のような自然災害に遭った場合です。

普通にタンスに入れておいては、津波などに流されてしまい、現金に名前など書いておくわけでもありませんので、流された現金はそのまま自分の手から離れることになってしまいます。

このような事態を避ける最善の策はいったいなんでしょうか。実は、さほど難しいことではありません。他人にお金を預けることです。この場合、もし、その他人が自分の預けた現金を紛失してしまっても全く問題ないような他人に預ける必要があります。その適任の場所はいったいどこになるのでしょうか。

それは、今まで問題視してきた銀行などの金融機関に預けることです。銀行に預貯金していれば、もし、火事に遭って通帳が灰になってしまっても、泥棒に入られて通帳が盗まれても、東日本大震災のような自然災害に遭っても、自分の財産を守ることができるのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.