日本経済を元気にする協力をしよう!

タンス預金は、預金の価値の凍結なので、日本経済にとって良いとは言えません。

金は天下のまわりもの

タンス預金、これは日本経済にとって良いものとはいえません。なぜかと言うと、その預金の価値は凍結されてしまうからです。経済の血液とも潤滑油ともいわれる貨幣ですが、この貨幣が溜まってしまうと血液の流れを悪くします。血液の流れが悪くなると、血栓となって、挙句の果ては脳梗塞、心筋梗塞などといわれる病気に発展し、下手したら死に至ってしまいます。

タンス預金も同じです。経済の血液である貨幣が、タンス預金とよばれる血栓となり、経済を下手したら死に至らしめてしまいます。

もし、日本経済が死んでしまったら大変です。なぜかと言えば、せっかくしたタンス預金も、紙くずになってしまうからです。紙くずと言うことは価値がありません。価値がないと言うことは預金とよべなくなってしまうからです。

「私くらいやっていても問題ないじゃないか」と思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。経済は生き物、みんながそう思ってしまったら、経済は死んでしまいます。今の日本も同じです。個人資産の総額が1400兆円あるという学者もいますが、これらの資産が凍結してしまたったら、経済は死んでしまうのです。

「金は天下のまわりもの」と言う言葉がありますが、まわさなければ自分の所にもまわってきません。長引く不況で経済が停滞している中で、将来不安に備えようと考えることも重要ですが、せっかく持っているタンス預金をそこから出してまわしていかなければ、将来が真っ暗になってしまいます。日本経済を元気にするためにも、タンス預金を出していく必要があると言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.