資産運用の王道を考えよう

リスクを考えて組み合わせ、自己資産を失わないようにリスクヘッジすることです。

様々な金融商品が開発

資産を運用するということは余剰資金を投資し、利益を生むということになります。短期的な変動で利益を生むための投資を投機といいますが、これら全て資産運用の一つの方法です。

先ほども少し書きましたが、資産運用と言えば、代表的なものに預金があります。預金には普通預金と貯蓄預金、さらには積立預金があります。これは資産を運用するのにあたって、誰でも簡単に行うことができ、しかも、資産運用の中では最も安全な部類に属します。

そして、その次に良く行われるのが公社債投資です。国債に関していえば、これもまた安全な投資になります。預金、公社債投資よりはリスクを伴いますが、この次に人気のものが株式投資、商品先物取引でしょうか。そして最近よく話題になるのがFX(外国為替証拠金取引)です。ちなみに書いたものが後になればなるほど、リスクが高い取引になってきます。リスクの高低を考えながら組み合わせをして、そして自己資産を失わないようにリスクをヘッジしていくことが、資産運用の王道と言えるでしょう。

バブル経済が崩壊し、長期低迷にあえぐ日本経済ですが、低迷しているがゆえに資産運用を積極的に行おうと考える人々も多くいるようです。このため、様々な金融商品も開発されています。例えば、マンションなどを共同購入し、家賃収入を配当金とするというような商品、商業ビルも同様のものが出ています。更に、芽のある起業家に資金を先行投資するというような動きも盛んになっています。

いずれにしても、資産運用の王道と言えるのではないでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.