資産運用のメリットとデメリットを考えよう

個別金融商品のメリットデメリットを知ることは重要です。

資産運用の方法は様々

今まで書いたように、資産運用の方法には色々な方法があります。金融機関への預貯金はもとより、株式投資に至るまで、さまざまな投資対象があります。ここではこれら資産運用のメリットとデメリットについて明らかにしていきます。

まず、銀行などへの預貯金です。預貯金には先ほども書いたように、普通預金、貯蓄預金、定期預金などがあります。これらのメリットは資産を失う危険性が極めて低いということです。デメリットとしては運用利回りが高くありません。これは、公社債投資も同様です。

次に株式投資です。株式投資は値上がり確実とは言えませんが、会社への信頼度などはわかりやすく、この点で投資しやすいというメリットがあります。デメリットとしては、元本が保証されていないところにあります。

FX(為替証拠金取引)や商品先物投資は、変動率が高く、また、その変動を見極めるのはプロでも非常に難しいです。しかし、上下の幅は広く、うまく投資すれば多くの利益を生むことができます。これがFX(為替証拠金取引)や商品先物投資のメリットです。デメリットはそれとは逆に、リスクが非常に高いということがあげられます。

資産運用はこれらの投資可能な金融商品への投資となります。個別金融商品のメリットデメリットを知ることは重要です。もしこれを知らないと、資産運用をしてもメリットを享受することができず、最悪、資産を失うことになります。これが資産運用のデメリットと言えるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.