資産運用に使える保険商品とは

銀行や証券会社などが、さまざまな金融商品を開発しています。

資産運用はリスクヘッジが重要

資産運用を行うための金融商品、あまりバリエーションがありません。日本では、出資法という厚い壁がありますので、儲かりそうだから、資金を集めて・・・などということを下手にすることができません。

こうした中で、銀行や証券会社などがさまざまな金融商品を開発しています。こうして開発される金融商品がありますが、それ以外にも、現行制度下で利殖可能な商品があります。これは本来、利殖目的で開発された商品ではありませんが、結果的に利殖可能となっています。どのような商品でしょうか。それは保険商品です。保険といっても、さまざまな商品があります。

例えば、自動車保険や生命保険、色々あります。利殖可能な保険として代表的なものは、一時払養老保険、一時払終身保険、個人年金保険、変額個人年金保険などがあります。意外と知られていませんが、景気が低迷している現代において、やり方によっては良い利回りとなっています。

ただ、注意しなければならないのは、保険でも掛け捨てのものとそうでないものがあることです。掛け捨ての保険は支払ったお金は戻ってきません。一時払いなどがある保険は払い続け、一定の期間が過ぎるとお金の払い戻しがあります。

資産運用はリスクヘッジが重要です。さまざまな金融商品に分散投資をするのは重要な事です。銀行の預貯金から始まって、公社債投資、さらには株式投資、金融先物商品などに分散するだけでなく、保険商品への投資を検討してみてはいかがでしょうか

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.