一時払終身保険とは

一時払終身保険とは、一度で保険料を支払ってしまう一生涯の生命保険のことです。

運用による損が無い商品

終身保険とは、保険料のうち一定割合は、将来の保険金支払いのために積み立てられる保険で、例えば60歳までというように振り込み期間を決めた有期払い、保険契約時に一度に全額を収める一時払いがあります。終身保険は貯蓄性の面が高いため、保険会社が集めたお金をどれくらい運用するかの指標である予定利率に保険料が左右されされます。

しかし、養老保険と同様、運用益が低迷を続けてはいるものの、高配当のため、保険料はその分高くなっています。このため、いくつかの保険会社では、保険料を抑える新しいタイプの商品を出すようになってきています。新しいタイプの保険は、有期払いの商品が多く、保険料支払い期間中の解約返戻し金を低く抑える代わりに保険料を押さえたもの、予定利率を数年毎に見直し、上昇した場合は保険金額が増加するものなどもあります。

では、一時払終身保険とはなんでしょうか。一時払終身保険とは、一度で保険料を支払ってしまう一生涯の生命保険のことです。この一時払終身保険に加入するためにはある程度まとまったお金が必要です。このため、銀行などでは退職金等の運用の手段として勧められることが多いようです。

運用による損が無い商品であり、そう考えると、銀行の預貯金に比べて利率が良いことから、有利であることは間違いありません。またさらに、積立利率変動型終身保険やドル建ての終身保険などの商品も存在し、為替差損のリスクはあるものの、かなり利回りが高いものとなります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.