個人年金保険とは

老後の生活に必要な資金を準備するために加入する生命保険です。

まとめて支払うほど貯蓄性が向上

個人年金保険とは、老後の生活に必要な資金を準備しておくことを目的として加入する生命保険のことです。死亡した時に保険より、生きている間に備えた保険です。加入している間に死亡したときに支払われる保険金は払い込んだ保険料程度なので、死亡した場合に支払う機能は殆どありません。

ただ、この保険には老後病気になった時などの入院保障などの特約を付けることもできる場合が多いと言われています。

保険の基本的なしくみは、保険を契約するときに取り決めた定年の年齢、例えば60歳とか65歳などに達すると、保険契約をするときに取り決めた所定の年金額を受け取ることが出来るというものです。

保険料の支払い方法は、この取り決めた定年の年齢、つまり、保険支払い開始までの間、分割して支払い続ける方法や、保険支払いを受けられる年齢の1年前から5年前までに支払いを完了する方法などがあります。ちなみに、この個人年金保険は、まとめて支払えば支払うほど保険料総額が少なくて済み、その分、貯蓄性が向上することになります。

なお、この個人年金保険、最近非常に注目が集まっています。なぜかと言えば、公的年金の支給開始年齢が徐々に引き上げられているからです。つまり、現役を引退しても年金をすぐにもらえない場合が出てきているということから、定年してから公的年金が支給されるまでのつなぎの資金として必要性が高まっているからです。また、公的年金で生活資金が不足した場合の上乗せ資金としても注目が集まっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.