変額個人年金保険とは

株式投資や債券投資などの運用実績によって、将来受け取る年金や解約返戻し金が増減します。

死亡給付金が支払われるのも特色

変額個人年金保険は、契約者が支払った個人年金保険の保険料のうち、年金の支払い原資となる部分を株式投資や債券投資などで積極的に運用し、その運用した実績によって将来受け取る年金や解約返戻し金が増減する個人年金保険のことを言います。

変額個人年金保険では、年金保険料のうち、年金の支払い原資となる部分は特別勘定と言う運用を行うための専門の勘定に分けられ、この勘定に分けられた資金の中から株式投資や債券投資といった有価証券投資や短期金融商品投資を行って運用されます。特別勘定には、日本の株、債券、海外の株や債券など、さまざまな運用先があり、個人年金保険契約者は自分の年金原資をどんな投資対象で運用するかを自分の判断で選択することが出来ます。

特別勘定の資金は株式投資や債券投資などを行うことによって利殖を行います。運用実績次第では満期になった後の年金支払額が保険料として支払った額よりも大幅に上回ることもある一方で、保険料として支払った額よりも年金支払額が下回る場合もあります。

ただ、最低保障などを設定している変額個人年金保険も一部では存在しています。解約返戻し金はこの場合でも最低保証が無い場合が圧倒的に多く、解約時の運用実績に基づいて金額が払い戻されることとなります。

ちなみに、変額個人年金保険の場合、多くの保険が年金の支払い開始前に被保険者が死亡した場合、死亡給付金が支払われるというのも、この変額個人年金保険の特色となっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.