外貨建個人年金保険とは

為替相場次第では、資産価値が非常に高まる可能性を秘めた保険です。

別名、定額年金保険

外貨建て個人年金保険とは、先ほど書いた個人年金基金の運用を、日本の通用貨幣である円ではなく、ドルやユーロ、豪ドルなどの外国の貨幣で支払っている年金の原資を運用する個人年金保険のことです。また、契約時点で将来の年金の原資が決められているため、別名定額年金保険とも言われています。

このため、運用している通貨で年金保険の受け取りをするのであれば特に問題がありませんが、保険会社もリスクヘッジのため複数通貨での運用をしている場合が多く、運用している通貨での受け取りは事実上難しい保険です。もし日本円での年金の受け取る場合には、為替動向次第で金額が変わることとなります。ですから契約した時点では保険満期時から支払いを受ける契約期間にいったいいくら支払われるのか正確に把握することは難しく、定額とは言い難い保険となっています。

さらにこの商品は契約時、運用時、そして年金受け取り中などの間も、日本円から該当の貨幣に変換する為替手数料や個人年金保険を契約する時の諸費用などが引かれ、結果的に保険が満期となり年金を受け取るためには、他の養老保険や終身保険より高いコストを支払わなくてはいけないことになります。

それでも、為替相場次第では金の卵となる、つまり、資産価値が非常に高まる可能性を秘めた保険になります。老後は安定・安心で暮らしたいという願いが若い時よりも強くなりますので、将来増えるかもしれないという心の支えを買うと思えば安いかもしれません。逆に言うと、この程度ですまない人にはリスクが高い保険であると言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.