円高はどうして起こったのだろう?(理由)

日本製品の品質は高く、アメリカ製品よりもアメリカ市民に受け入れられていきました。

日米貿易摩擦という背景

昔は金本位制でしたが、現在は基軸通貨を中心に経済が動いています。日本も第二次世界大戦後、GHQの占領下で、いろいろな改革を行いました。そして貿易が再開されるようになりますが、ブレトンウッズ体制の下で行われました。

この時代、日本は戦争で疲弊していましたので、経済力は全くといって良いほどありませんでした。このため、日本の円とアメリカのドルは360円=1ドルで固定されることとなりました。

日本が戦後の痛手から復興して、特に1950年の朝鮮戦争の朝鮮特需によって、戦後経済が安定的に成長していく時代に入ると、日本からアメリカに対する輸出が増加していきました。日本は貿易に必要な外貨を、アメリカへの集中豪雨的輸出によって獲得していっていました。こうした中で、アメリカは対日貿易赤字が増加し、国内産業が疲弊するなど、さまざまな影響が出てきました。このため、日本に対し、貿易赤字を減らすためのさまざまな圧力をかけてくるようになりました。特に1980年代、この現象がとても強く顕れるようになりました。いわゆる、日米貿易摩擦です。

日本人は勤勉で真面目なため、製造される製品の品質も良く、アメリカ企業の製造した製品より、品質が良くて安いものを製造して、アメリカ市民に受け入れられていました。このようなことから、アメリカは、なんとか日本の競争力を削ぐ方法はないかと考えた結果、為替相場が固定されているために、アメリカ製品の競争力が弱まっているのではと言う結論に達しました。

そこでアメリカは、ワシントンのプラザホテルに日本を呼び、貨幣を需要と供給によって価格決定する、いわゆる変動相場制に移行することに合意させました。結果、日本の円は急激に高騰し、円高という現象がうまれたのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.