バランスの良い資産管理とは

バランスの良い資産管理とは、やはりローリスクとハイリスクをうまく組み合わせることが重要です。

高齢者の資金は臆病

高齢者の場合でも、年金生活者の場合でも、資産運用をするのにあたって、ベストな方法はあまり存在しないかもしれません。しかし、ベターな方法は存在します。先ほども書いたように、高齢者の資金は臆病になります。また、多くの投資アドバイザーも慎重で健全な投資を勧めます。

実際ある調査によると、高齢者の中で、投資を行っている人の投資配分は約半数が日本債券、残りの2割を日本株や海外株債券、最後の1割を海外株と分散している人が多いようです。これは、日本国債を重視し、債権比率を高くし、株式を少数にするというアドバイスをする投資アドバイザーが多いからのようです。

これはあくまで投資をしている高齢者の、投資の中の内訳を調査したものですが、投資以外にも資産が目減りしないようにしている場合もあります。これがタンス預金です。ただ、タンス預金は日本円の価値が下がった場合には相対的にその資産価値は目減りしてしまいます。とは言っても、物価が減少し続けいているデフレスパイラルの現代、案外タンス預金は資産を相対的に増やす良い手法かもしれません。ただ、これは危険が伴います。

やはり、バランスの良い資産管理とは、高齢者であるないに関わらず、ローリスクとハイリスクをうまく組み合わせることが重要ではないかと思われます。ですから、国債に比重を重くするのではなく、株式への投資も活発に行うことが、バランスのとれた資産管理ではないかと考えられます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.