デリバティブとは

デリバティブは派生したものという意味であり、金融派生商品と言います。

価格変動をヘッジするために行う契約

デリバティブとは伝統的な金融取引である、借り入れ預金、債券売買、外国為替、株式売買などや商品・債券取引の相場変動によるリスクを回避するために開発された金融商品の総称です。デリバティブは「派生したもの」の意味であり、デリバティブは金融派生商品と言います。

このため、外国為替証拠金取引や商品先物取引、不動産デリバティブ、天候デリバティブ、他社転換社債、クレジット・デフォルト・スワップ、差金決算取引、オプション取引なども含まれます。

このデリバティブの特徴は、基礎となる商品(原資産)の変数値によって、相対的にその価値が定められた金融商品において、デリバティブ取引は、債券や証券、実物商品や諸権利などの取り扱いを行う事業者が、実物の将来にわたる価格変動をヘッジするために行う契約であるというところにあります。市場で取引される債券・商品には「標準品」「指数」があります。なお、個別商品の先渡契約は含まれません。

また、デリバティブの特徴として、差金決済を行うことが出来たり、ショートポジションが可能であると言うこともあります。

ちなみに、現在運用されている会計基準によれば、デリバティブ取引は契約の締結時にその発生を認識しなければならないことになっています。契約の決算は、取引の終了時点に、契約から生じるリスクとリターンが契約当事者に既存するからであると言えます。そして、デリバティブ取引によって生じた利益や損失は、ただちに損益計算書及び貸借対照表などの財務諸表に反映されることになっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.