外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引とは、FXとか、通貨金証拠金取引とか、外国為替保証金取引などとも言います。

外国為替証拠金取引の4つのリスク

外国為替証拠金取引とは、証拠金を業者に預託して、主に差金決済による通貨の売買を行う取引のことをいいます。別名、FXとか、通貨金証拠金取引とか、外国為替保証金取引などの名前で呼ばれます。

日本では外為法(外国為替及び外国貿易法)が1988年に改正されて、取扱業者が出現しました。ただ、規制が緩和されたばかりの時代は、投資家、というよりはむしろ消費者に近いところがありますが、外国為替証拠基金取引がうまく理解できず、損を多く出した例が出ている。これは今でも変わらなものの、デリバティブには一定の知識が必要であることをうかがわせます。

この外国為替証拠金取引の特徴としては、レバレッジを利用するので、証拠金の何倍もの外貨を取引できるということ、この場合には、証拠金以上の損失を被る場合があることにも注意しなければなりませんが、魅力的であると言う特徴があります。また、株式現物取引とは異なり差金決済のため預供託金拘束がないので、同一通貨を何回でも取引できます。さらに金利が高い通貨の買いの場合の金利差による受取も、他の金融商品より有利な場合が多いです。

なお、外国為替証拠金取引でも初期の頃は、限月制の取り扱いもあったが、現在では限日制が一般化しました。

外国為替証拠金取引には、4つのリスクがあると言われています。それは相場変動のリスクと流動性リスクとシステムリスクと信用リスクです。相場変動リスクとは、相場が変わることによって利益ができる反面、損失を受ける場合があるというものです。次の流動性リスクは、短期間に大量の注文を出した際は、希望した金額で取引が成立しないリスクがあるというものです。システムリスクは、証券会社のシステムメンテナンスなどによって、損失が出る可能性があるリスクです。最後の信用リスクとは、業者が破たんなどすれば客も損害を被るかもしれないというリスクです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.