天候デリバティブとは

気象条件によって発生するリスクを取引する金融派生商品です。

収益が天候に左右される事業のリスク・ヘッジ

天候デリバティブとは、デリバティブという言葉がついていることから金融派生商品の一種であることには変わりがありません。これは気象条件によって発生するリスクを取引します。天候が先物取引の対象になるのですから、すごいですね。

これは損害保険とは異なり、気象現象を直接の対象とした権利を売買します。別名、気象デリバティブともいいます。

天候デリバティブは、気温、湿度、降雨量、降雪量、霜、風速、台風などを基準として条件を上回れば自動的に保障額が支払われる権利を取引するものです。購入者はオプション料を支払いオプション料より補償金が支払われます。主に、収益が天候に左右される事業のリスク・ヘッジに用いられることが多いようです。

天候デリバティブは1997年にアメリカエンロン社で開発されたと言われていて、1999年にシカゴ・マーカンタイル取引所において上場されました。日本では1999年に三井海上火災保険などで取扱いが開始されたようです。

オプション購入者同士が直接取引する場合もありますが、企業の株式投資などのリスクヘッジの手段としても利用される場合があります。

対象業種としては、農業関連、食品、飲料関係、家庭用電化製品関連、衣料品関連、屋外レジャー施設、観光関連、屋外イベント関連、航空関連、電力・ガス事業関連などがあると言われています。

例えば、ビールの販売などは、天候に左右されます。夏が例年より暑いとビールの消費量が増えます。例年より気温が低いと消費量が減るわけですので、冷夏の年のためのリスクヘッジとして利用されます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.