他社株転換社債とは

他社株転換社債はEB債や個別リンク債などとも呼ばれています。

債券を担保にしたオプション取引

他社株転換社債とは、株式関連仕組債のうち、償還金のかわりに株式で返還される可能性のある金融商品の総称になります。特徴としては償還されるときに指定された株の株価によって償還条件が変わる債権のことです。日本ではEB債とか個別リンク債などともよばれています。

この債券ですが、実態的には「債券を担保にしたオプション取引」となっています。他社株式転換社債は一般的に、自社の社債と他社株に対するプットオプションの売りを組み合わせた金融商品であり、償還時に他社株の株価が一定の水準より上回っていた場合には、通常の社債より高い金利が得られる一方で、株価が水準を下回った場合には元本が対象株式に転換されて償還となります。

これはプットオプションのオプション料が金利に上乗せされる結果、高金利が得られるが、対象銘柄の株式が行使価格より低くなった場合にオプションが行使されるためです。普通の転換社債は転換する時の行使権は債権の所有者が持っているのに対して、他社株式転換社債では発行者側がこれを持つことになっているという特徴があります。

使用されている状況を見ると、発行者の目的は資金を調達することのみをその目的としているため、裏では他の金融機関が金融派生商品を提供しています。

問題点としては、他社株式転換社債では、株価が下落した場合は購入価格全てを失う可能性があります。これは、株価がに全く価値がなくなることがあるためです。一方で、収益は最大でも利息分にしかならないので、株価が上昇した分の利益を得ることができません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.