FXとは

FXつまり、Foreign Exchangeとは、外国為替のことです。

相手国の通貨を自国の通貨と交換する作業

FX(Foreign Exchange)とは、日本語で外国為替のことです。今日、外国との間で、貿易を当たり前のように行います。ただ、物を買うのは構わないのですが、日本国内で物を買うのであれば、日本銀行券、これ、強制通用貨幣ですから、使用できます。アメリカであればドル、イギリスであればポンドが同じように強制通用貨幣になります。

貿易とは相手の国と財やサービスを交換する行為に他なりません。そうすると、例えばアメリカと貿易をする場合、アメリカ国内で買い付けをするのにあたって、日本円で購入することは原則できません。

これは逆も同じです。このため、必要な相手国の通貨を自国の通貨と交換するという作業が必要になります。ここに、外国為替の市場が成立することになります。

この外国為替の市場によって、莫大な金額の現金をやり取りする必要が無くなっています。一昔前であれば、金本位制ですから、貿易を行う際は金を船などに積んで相手の国に輸送していました。ですから、海であればその輸送中の金銀財宝を奪おうと、海賊が出没したわけです。

このようなことがあると、輸送に危険が伴いますので、円滑な貿易の妨げになります。何よりも、輸送費が莫大です。日常的に通貨同士の交換を行う国同士であれば、必要な金額をやり取りしたことにして、そして、決算する、つまり、銀行間の為替取引のようなものをやることになってきます。もちろん、これは信用取引ですから、信用がない国同士ではできません。これがFXつまり、Foreign Exchange(外国為替)なのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.