経済社会で重要なお金

資本主義社会は財の蓄積で発展してきました。

経済は生き物

私たちが生きるこの現代社会、資本主義社会であるわけですが、財を蓄積させるということで発展してきました。

そして、自分たちが生産した財をより効果的に蓄える手段として分業した方が良いということになり、みなで分業して生産する体制が出来上がりました。ただ、その問題として、自分が生きていくために必要なものを全て自分自身では生産できなくなり、みなが余った財を持ち寄って交換するようになってきました。これが市場の始まりです。

はじめの段階では市場は財と財を交換するいわゆる物々交換でしたが、効率性が悪く、徐々に軽くて持ち運びしやすく、価値があまり劣化しないものを媒介しはじめるように成りました。初期の段階では貝殻などが使われていたようです。その後、同じく劣化しなく、持ち運びに大きさが統一されているお金が鋳造されるようになり、紆余曲折があって、銀が、その後に金が使用されるようになりました。このお金は財を交換するのに非常に役に立っただけではなく、資産を蓄える上でも非常に重要な役割を果たしました。

このように、経済社会で非常に役立ったお金です。お金は人間の体に例えるのであれば、酸素を運び、栄養を運ぶ、血液のようなもので、経済社会に無くてはならないものであると言えます。

もし、このお金が無くなってしまったら大変です。人間でいうのであれば、失血多量で死んでしまうことになります。つまり、経済は生き物であり、やはりその中で最も重要なものであるのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.