社債とはなんだろう?

社債は会社が資金調達するために発行する債券です。簡単にいうと、企業が自分たちの事業に必要なお金を集めたい時に発行する「借金の証書」のようなものです。

通常、企業が資金を得るには銀行などの金融機関から借入をします。しかし、社債を発行することで金融機関から借りるよりも低い金利で借入ができるなど、企業側にもメリットがあります。

会社が社債を発行するということは、市場から直接事業資金を集めることになります。最近は一般の人にも「投資」という考えが浸透してきているので、企業側も多くの資金を集められる機会が増えたことになります。社債の具体的な内容は、企業が投資家から「○○円借りました。○月○日に返済します。利息は○%です」という内容が明記されています。社債が借金といわれるのは、「いつ、いくら、どんな条件」で返済するかがあらかじめ記載されているためです。

投資家が社債を購入するメリットは、金利が高い点です。社債は金融機関が販売している多くの預金商品よりも、期間が短くて高金利だからです。けれども投資初心者にとって社債の購入は、銀行で定期預金などを組む預貯金よりも、遥かにハードルが高く感じます。しかし現在ではネット証券の普及によって、社債も容易に購入できるようになりました。

また、社債は銀行などの金融機関では購入できません。社債は企業が証券会社を通じて投資家に買ってもらうことになります。そのため購入したい社債があるのなら、その社債が売り出される証券会社の口座開設が必要になります。社債でとくに人気が高いマネックス債やSBI債などは、マネックス債ならマネックス証券、SBI債ならSBI証券での購入になるので事前に口座開設をする必要があります。

各ページのご案内

社債は会社の資金調達方法

間接金融と直接金融

変わる直接金融

会社の資金調達のリスク

社債の種類

格付け会社を知る

社債のリスク

個人向け社債を知る

株式と社債,どちらを選ぶ?

これから社債購入を始めよう

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.