資産運用は貯蓄と投資のバランス

資産運用は、最終的にどれくらいの資産を何歳くらいまでに貯めたいかを、現在の収入と照らし合わせて決めていきます。たとえ少額でも、必要経費を引いた自由に使えるお金を利用することが大前提になります。投資のためにお金をわざわざ借りるのは本末転倒です。

そして資産運用を始めるなら、最初はリスクの少ない商品を選ぶ方が安全です。リスクが少ない金融商品はリターンが小さいために利益は大きくありません。しかし、資産運用の初心者はまず投資商品のクセや性格などを大まかにでも知ることが大切です。そのため当初は小さな資金で運用できるリスクの少ない商品を選択するのがオススメです。

たとえば、資産運用というと国内株式や海外株式などの株式投資や不動産投資、確定拠出年金、外貨預金、FXといった投資商品を思い浮かべるでしょう。しかし、これらの金融商品は初心者の人が何の知識も無く始めるにはハードルがとても高い商品です。そのような上級者向けの投資商品を最初に扱うよりも、比較的安全に運用できる定期預金などの銀行預金や個人向け国債といった金融商品から始めるのが資産運用の成功の鍵といえます。

また資産運用を数ヶ月、数年と続けていくと、取り扱う金融商品の性格がある程度掴めていきます。そして金融商品の短所や長所を知識として得られたら、次はさらに大きな資金を動す投資へとステップアップすることも可能です。他にも分散投資をすることで、全く違った種類の金融商品を活用していくこともできるようになります。

最終的に資産運用を成功させるコツは、金融商品のメリットやデメリットを把握しながら目的に合った形で運用していくことです。貯蓄型の運用商品で資産を守り、投資型の運用商品で大きく利益を増やしていくスタイルが一般的です。

各ページのご案内

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FPに資産運用を相談する際の注意点 その1

FPにアクセスする方法

生命保険の見直し

生命保険を活用した相続対策

保障の見直し

資産運用ができる保険とは?

養老保険で資産運用

変額保険で資産運用

定額個人年金保険で資産運用

変額個人年金保険で資産運用

学資保険のデメリット

学資保険の種類

学資保険の注意点

高齢者の資産運用におけるポートフォリオ

高齢者の資産運用における安全性商品

高齢者の資産運用の具体例1 長期国債

高齢者の資産運用の具体例2 定期預金・定額貯金

高齢者の資産運用の具体例3 養老保険

相続対策の基本

遺産分割対策

贈与による相続対策

納税資金対策

節税対策

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.