住宅ローンの借り方

住宅ローンは住宅購入に利用できるローンです。住宅ローンの種類は大きく分けると3種類あります。まずは都市銀行やネット銀行で利用できる「銀行ローン」です。次に住宅金融支援機構と民間の金融機関が提供する「フラット35」です。そして最後が勤務先で財形貯蓄をしている会社員が利用できる「財形住宅融資」です。

銀行ローンは今では住宅ローンの主流です。各金融機関から様々な商品が提供されていて、商品の違いは支払う金利タイプによります。1つめは金利がローン期間中一定の「固定金利型」、2つめは一定の返済期間が過ぎると金利が見直される「変動金利型」、3つめは当初は固定金利制ですが、一定期間が過ぎると次の契約で固定か変動か金利プランを選べる「固定金利選択型」があります。

また、銀行ローンは各金融機関で金利の差があり、新生銀行や楽天銀行やイオン銀行などのネット銀行は、低金利で人気です。さらにサービスが充実していることに加えて団体信用生命保険や各種保障がセットされている安心パックもあります。また、なかには預金額に応じて金利が変動する預金連動型や、預金することで繰上返済と同じ効果を持つ独自サービスも提供されています。

そして、住宅金融支援機構と金融機関の提携ローンであるフラット35は、最大35年の長期固定金利の住宅ローンです。けれどもフラット35は金利や手数料が各金融機関によって異なります。さらに団信加入が任意のため、フラット35には団信保険料が住宅ローンの中に含まれていません。そのため団信加入の場合は、別途保険料が必要です。またその他に「フラット35S」や「フラット35Sエコ」は、政府が推奨するバリアフリーや省エネ設計の住宅に優遇金利が設けられています。

他にも会社員で財形貯蓄を行っている方が受けられる財形住宅融資があります。これは財形貯蓄残高の10倍で最大4000万円までの融資を受けることが可能です。さらに財形住宅融資はフラット35や銀行ローンとの併用も可能です。財形住宅融資のメリットは、公的な融資なので他の住宅ローンより金利が安いことです。

各ページのご案内

住宅ローンの種類

フラット35

住宅ローンの活用法

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.