GDPとは何だろう?

GDP(国内総生産)は国の経済力を計る数値で、速報値がニュースなどで発表されています。GDPがわかればその国の経済力や経済成長率も比較ができます。海外諸国とのGDPランキングが毎年発表されますが、日本経済が世界中の国の経済と比較して、だいたいどのぐらいのランクになるのか、国の経済力の目安がこれでわかります。

GDPは日本の中で行われた取引額を表したものです。そのため、日本製のモノを制作し、宣伝、販売するなどすべての取引額がGDPの内訳になります。しかし、その製品に外国産の輸入品が一部あるとその額はGDPから差し引かれます。GDPはあくまで国内での取引がカウントされるからです。

また、GDPには名目GDPと実質GDPがあります。名目GDPとは日本国内全ての取引の総生産額をいいます。たとえば物価が上がると、去年に比べてモノを作るのに一部の部品が値上げされることがあります。そのためモノの値段も値上げされ、去年よりも高い値段で販売されます。そして幸いモノの値段が上っても去年と同じ数が売れたとすると、名目GDPが去年よりも上がったことになります。しかしそれでは、景気が良いからGDPが上がったのか、それとも物価の上昇が原因で上がったのかが数値を見ただけではわかりません。そのため、物価の上昇率を除いた額の実質GDPを算出するわけです。

そしてGDPはその国の景気が良いのか悪いのかの指標としても使われます。GDPは物価の上昇時(インフレ)には実質GDPが名目GDPより少なくなります。反対に物価の下落時(デフレ)には実質GDPが名目GDPよりも多くなります。この時、名目GDPを実質GDPに計算し直すためにGDPデフレーターで算出します。GDPデフレーターは「名目GDP÷実質GDP×100」で求められ、100以上はインフレ、100以下はデフレと判断されます。

各ページのご案内

GDPと付加価値

GDPとは

GDPと景気

GDPと経済

GDPの推移

GDPランキング

GDPとGNPの違い

一人当たりGDPとは?

実質GDPとは?

名目GDPとは?

GDPデフレーターとは?

GDPと世界

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.