意外と知られていない保険による資産運用

保険で資産運用をするのなら、貯蓄型保険を利用します。貯蓄型保険とは、学資保険や終身保険や年金保険や養老保険のことをいいます。これらの保険は保障を受けることができ、また満期を迎えた時には満期金を受け取ることもできます。

資産運用が可能な貯蓄型保険を見つけるためには目安があります。それは保険会社のパンフレットやチラシ広告などに「解約返戻金」や「解約返戻率」の表示を見つけることです。解約返戻率は115%や120%といった%(パーセント)表記がされているので、支払った保険料がどれくらいの割合で戻ってくるのかが分かります。

そして、貯蓄型保険を使った資産運用は利回りがよく、定期預金などの貯蓄型商品よりも満期後に戻ってくるお金が多いです。銀行などの金融機関で利用できる定期預金は、今は金利がとても低く、1年間預けてもわずかな利息しか付きません。しかし、貯蓄型保険での資産運用は、予定利率が高ければ多額の満期金を受け取ることができます。

また、保険に加入しておくと節税効果もあります。住民税や所得税などは年間の所得から割り出されます。その際、保険に加入していることで保険料が控除対象になり、支払う税金が割安になります。さらに貯蓄型保険での資産運用は、貯蓄と保障が同時にできることが最大のメリットです。保障の内容にもよりますが、ケガや病気といったトラブルが起きた場合には給付金が支払われるので安心です。

しかし貯蓄型保険にもデメリットがあります。まず一つ目は、いわゆる掛け捨て保険と比べると保険料が割高になる点です。二つ目は、途中解約すると元本割れをする恐れがあることです。貯蓄型保険は数十年といった長い期間加入し続けないと、途中解約時の返戻金が元本よりも少なくなりがちです。

各ページのご案内

資産運用の王道を考えよう

資産運用のメリットとデメリットを考えよう

今後の日本経済を考えよう

資産運用に使える保険商品とは

一時払養老保険とは

一時払終身保険とは

個人年金保険とは

変額個人年金保険とは

外貨建個人年金保険とは

保険で資産運用をはじめよう!

貯蓄できる保険 フォルダー

学資保険 フォルダー

個人年金保険 フォルダー

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.