高齢者の資産管理についてのアドバイス

高齢者の資産運用は堅実さが大切です。

高齢者は、主の収入が年金ぐらいになります。そのため過度なリスクは取らずに堅実で安定した運用を心がけたいです。ハイリスクな投資が失敗してしまったら、頼みの綱の年金すら失ってしまうからです。

新興国などの投資のため貯蓄や退職金の全てを運用してしまうケースがあります。最初の頃は儲かるかもしれませんが、いざ暴落が始まると大損するリスクが高いです。さらに為替変動リスクがある外国債券も避けた運用が好ましいです。

さらに高齢者、退職者、年金生活者、リタイア世代、シルバー世代、シニア世代向けの商品も多く運用されています。とくに団塊の世代が年金生活に入ったことで、高齢者向けの商品がたくさん販売されています。十分な資金を持っている世代なので、その年代向けの商品が数多く出てくるのも当然のことです。しかし、それに便乗して、ぼったくり商品を売りつけようとする金融機関もあります。くれぐれもやたら手数料がバカ高いぼったくりの投資信託などは買わないようにしましょう。

高齢者は安定運用が欠かせません。そのため、値動きの激しい株式よりも安定した債券への投資を考えたいです。一口に債券といっても外国債券は為替変動リスクがあります。そのため堅実な安定運用をするならば、日本債券を選択肢の一つにしておきたいです。利回りが低く、投資の魅力の少ない日本国債ですが、どんなに悪く言われようとも国家が崩壊しない限り、安定した運用ができるので、高齢者の資産運用には欠かせません。

リスクは高いですが、株式も投資対象の一つにしておきたいです。株ばかり上がり続けて、債券だけ下がり続けることもあるからです。投資商品を1つだけにしておくのは意外とリスクになります。資産運用は分散するだけでリスクが下がります。

各ページのご案内

団塊世代の定年退職

高齢者の貯蓄の目的

年金生活者の資産管理

バランスの良い資産管理とは

大切な人生をより豊かに!

狙われる高齢者の資産

ベンチャービジネスへの投資方法

未来の若者を育てよう!

日本経済に活力を与える高齢者の資産管理

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.