高齢者の資産管理についてのアドバイス

高齢者の資産運用で過度な投資はリスクを広げる恐れがあります。リタイア後、老後のために投資を考える方も多いでしょう。しかし働いて給与を得ることが難しいシニア層の収入といえば、公的年金のみというケースが多いです。さらにそこから生活費や資産運用の資金を捻出するとなると、ハイリスクな投資は当然避けたいです。そして、元手の資金をいかに元本割れさせないかといった工夫が必要になります。

そこで高齢者が安心して資産運用をするには、リスクの少ない投資商品を選ぶことが重要です。たとえば日本債券(国債)や定期預金といった金融商品がシニア層の投資家に人気です。これらの投資商品は利息は少ないけれど、元本割れする危険性が少ないため安全に運用ができるからです。しかし、安全な運用ができる金融商品はリスクは少ないですが、得られる利益も少ないのも事実なのでその点の納得は必要です。

また高齢者が資産運用を行う場合は、リスク管理も重視したいです。たとえば投資をする時に日本株や、外国債権など為替リスクがあるけれど大きなリターンが得られる商品に目が行きがちです。けれども、利子や利息が多い金融商品には元本割れなどのリスクがつきものです。そのため高齢者の資産運用のリスク管理は、タイプの異なる金融商品を分散投資することがオススメです。もちろんリスクの高い金融商品の比率は少なめにして、元本割れの危険性が少ない国債などの債券の比重を高めに設定しておくと安心です。

このように高齢者の資産運用にはある程度のセオリーがあります。セオリー通りの投資を行えば元本割れなどのリスクも回避できます。けれども投資商品の性格を十分理解すること無く次々と投資をしていてはお金がいくらあっても足りません。一番良いのは運用する商品について、自分自身が内容を理解して納得したものを選ぶことです。

各ページのご案内

団塊世代の定年退職

高齢者の貯蓄の目的

年金生活者の資産管理

バランスの良い資産管理とは

狙われる高齢者の資産

ベンチャービジネスへの投資方法

未来の若者を育てよう!

日本経済に活力を与える高齢者の資産管理

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.