金融派生商品とは何だろう

金融派生商品(デリバティブ)とは、株式や債券、通貨、金利、為替、原油といった原資産を元に様々に派生した金融商品のことをいいます。

元々、金融派生商品は、原資産の取引によるリスクを回避する目的で作られました。それに加えて、小さな元手で大きな利益が出る可能性も持っています。しかし逆に運用に失敗すると、大きなリスクを伴う危険性も金融派生商品にはあります。

金融派生商品(デリバティブ)の代表的なものには、先物取引やオプション取引やスワップ取引があります。先物取引は、将来その商品を購入することを約束する取引のことです。当日は現金のやり取りを行わず、いつに、どれぐらいの金額で、どれぐらいの量の商品を購入するのかを決めます。実際の現金のやり取りは、事前に決めた期日に行います。代表的な取引には、日経平均先物やTOPIX先物などがあります。

次に、金融派生商品(デリバティブ)のオプション取引とは、特定の商品を、その時に決めた期日と価格で購入できる「権利」を売買することです。たとえば3ヶ月後に金を10万円で購入する権利を、買い手は売り手から5,000円で購入します。3ヶ月後、金が15万円になった場合、買い手は金を10万円で購入できます。そのため買い手は15万円−10万円−5,000円=45,000円の得をします。反対に金の価格が10万円を下回った場合は金を購入する権利を放棄できます。その場合は5,000円のみの損失で済みます。代表的な取引には、日経平均オプション取引やTOPOXオプションなどがあります。

そして金融派生商品(デリバティブ)のスワップ取引とは、お金の取引時に生じるキャッシュフロー(お金の流れ)を交換する取引の総称です。例えば通貨ならあらかじめ決めた期間中に、異なる2国間の通貨の元本と金利を交換する取引です。代表的な取引には、金利スワップや通貨スワップなどがあります。

各ページのご案内

金融派生商品の種類

デリバティブとは

商品先物取引とは

不動産デリバティブとは

天候デリバティブとは

他社株転換社債とは

差金決済取引とは

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.