社債

社債は企業が資金調達を目的として発行する有価証券です。

普通社債や劣後債や転換社債など

社債は企業が資金調達のために発行する有価証券です。企業が事業の拡大や工場の増設を行う時には、資金が必要になります。通常は銀行などから融資をしてもらいますが、有名だったり、堅実な経営をしている企業だと、社債を発行することで投資家から直接、資金を調達できます。また企業としては、金融機関から借り入れるよりも低い金利で社債を発行してお金が集められるという、メリットがあります。

社債はSBI証券マネックス証券といった証券会社で販売しています。いつどこの社債が販売されるのかは、各証券会社で確認が必要です。とくに証券会社の系列企業が社債を発行する時には、その証券会社が独占的に取り扱っています。

たとえば、ソフトバンク株式会社のソフトバンク社債や、SBIホールディングスのSBI債などは、系列企業である住信SBIネット銀行を経由してSBI証券で購入できます。また、SBI債と人気を二分するマネックス債は、マネックス証券で取り扱いをしています。このように社債は特定の証券会社のみで販売している場合があるので、欲しい社債がどの証券会社で購入できるかを事前に確認しておきたいです。

そして社債にはいろいろな種類があります。通常、社債と呼ばれているのは普通社債(SB)です。この普通社債は発行時より固定金利で運用されて、満期になると額面の金額が償還されます。ほかには劣後特約付(劣後債)などもあります。この社債は普通社債よりも劣る(リスクがある)社債です。企業が破産した場合に普通社債の方が優先的に返済され、劣後債はその後になります。そのようなリスクのある債券なので、普通社債よりも金利が高く設定されています。

さらに転換社債(CB)もあり、これは株式への転換が可能な社債です。あらかじめ決められた金額の株に変更することができます。そのため株価が上がったら株へ転換して、株価が下がればそのまま社債としても持ち続けることもできます。

社債

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.