円建てと外貨建て

円建て、外貨建てとは、預金や債券がどの通貨で利用できるのかを表しています。

円建て外貨建てと為替の密接な関係

円建て、外貨建てとは、国内の金融機関で販売している預金や債券などが、どの通貨で利用できるのかを表しています。たとえば外貨預金などは、米ドルやオーストラリアドル、ユーロなどの外貨建ての預金商品です。そして、海外との貿易時に輸出や輸入品を日本円で支払うことや、円を利用した金融商品のことを円建てといいます。

まず外貨建てから詳しく見ていきます。これは預貯金や投資信託や債券などの資産運用を外貨で行ったり、償還が外貨でなされる場合のことをいいます。まさに外貨預金などは、外貨で運用を行います。資金を預け入れるには、最初に日本円から外貨への両替が必要です。また満期になると払い戻される通貨も外貨なので、日本で利用するにはさらにその外貨を日本円に両替する必要があります。

外貨建ての金融商品を最初に日本円から外貨に両替する時には、為替レートが円高の時の方が有利です。また、外貨を日本円に両替する時には、反対に円安のタイミングで行うと為替差益が狙えます。しかし逆に円高になってしまった場合には、外貨から円に両替する時に円の受取額が減るという為替差損を起こします。外貨建て商品には、こういった為替リスクがあるので注意が必要です。

そして円建てとは、預貯金や投資信託、債券などの資産運用を日本円で行ったり、償還が日本円でなされる場合のことをいいます。外国の債券でも、日本で販売する場合には円建て発行するものや、元本は外貨建ての運用でも利息を円建てで支払う債券や、反対に元本は円建てで利息が外貨建ての商品などがあります。

外貨建てだと為替変動のために、満期日に元本割れするリスクがあります。しかし円建ての預貯金にはそのような心配がなく、為替の影響を受けないために額面の金額がそのまま受け取れます。確実に預金ができるその安全性から、高い人気があります。しかし円建ての商品は金利が低いために、外貨建て商品のようなハイリターンは望めません。

円建てと外貨建て

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.