ローリスクローリターン

ローリスクローリターンとは、どのようになるのか分からない度合いが少なく、利益と損失のいずれかが少ない商品のことです。

普通預金や定期預金や個人向け国債など

ローリスクローリターンとは、「収益性の低い商品を利用すると、小さな利益しか戻ってこない」と理解されがちです。しかし、リクスの意味を厳密にいうと不確実性のことになります。そしてリターンには利益だけでなく、損失の意味も含まれます。

そのためローリスクローリターンとは、「どのようになるのか分からない度合いが少なく、利益と損失のいずれかが少ない商品」となります。

元本割れなどの危険性がない代わりに、高金利でなかったり、市場での取引で値幅が大きく上下することのない投資商品のことを、ローリスクローリターンといいます。たとえば、銀行で扱っている商品では、普通預金定期預金、円建てのMMFなどの投資信託、そして個人向け国債などがあります。どの商品も元本割れのリスクが少なく金利が低いですが、確実な資産運用ができます。

しかし、せっかく投資をするのなら、すぐにでも良い結果を出したいと思うものです。最近は景気が良くなったといわれますが、日本の金利は低いレベルのままです。比較的有利といわれるネット銀行でも、満足な金利ではありません。そのため投資家はどうしても、ローリスクローリターンな商品よりも、株式投資や不動産投資、外貨預金といったハイリスクハイリターンな取引に目を向けがちになります。

投資や資金運用を積極的に行いたい場合でも、その一方で確実に資金を貯めることができるローリスクローリターンの商品を持っておくと安心です。株や不動産投資など流動性の高い投資の場合は、経済の状況で価値が乱高下します。もし投資に失敗して損失が出た場合でも、ローリスクローリターンの商品を保持しておくと、資産がゼロになることを防げます。

ローリスクローリターン

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.