定期預金とは?

定期預金は普通預金よりも、金利が高く設定されています。

単利型と半年複利型もある

定期預金は、貯金用として利用されています。それは、預けてから一定期間は引き出せないためです。定期預金は原則として、満期日まで引出が出来ませんが、その代わり普通預金よりも金利が高く設定されています。

定期預金は、預金時に定めた期間は原則として解約できません。期間中に解約する場合は、通常、普通預金の金利よりも安いペナルティ金利が適用されますが、元本を下回ることはありません。

定期預金とは?

定期預金の預入れ期間は1ヶ月や、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、最長10年まで扱う銀行もあります。満期日は、預金前に指定することができます。

定期預金は、預け入れ期間と額が変わると、金利も変わります。一般的に、期間が長くなると金利も高くなります。また、預け入れ金額が300万円〜1000万円を超えると大口定期となり、より高い金利が設定されます。そして、預けた当初の金利が満期まで続く固定金利と、6ヶ月ごとに金利を見直す変動金利があります。

定期預金は、利息の付き方も預け入れ期間によって変わります。1ヶ月以上3年未満は、預けたお金(元本)にだけ利息がつく単利型。3年以上は、元本と利息にさらに利息が付く半年複利型があります。

定期預金は原則、一部解約はできませんが、期間1年超の定期預金の中には、1年経過後に必要な金額だけを何回でも引き出せる、一部解約サービスを行っている銀行もあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.