普通預金とは?

普通預金は定期預金と違って、預入、払戻が自由にできる預金口座です。

貯蓄よりも決済のための預金口座

普通預金は自由に預入、払戻ができる預金口座です。普通預金では一時的にお金を預けたり、給料・年金の受取りや、ローン返済・各種料金の口座振替による決済を普通預金は主な目的としています。

普通預金はキャッシュカードが発行され、ATMでも預入、払戻、振込などの取引ができるようになっています。

普通預金とは?

また、定期預金をセットし、普通預金の残高不足で口座引落しが出来ない時、自動借り入れ機能により引落し不能を防ぐ総合口座も利便性の高さから人気があります。普通預金はペイオフのため1,000万以上は保証されませんが、基本的には元本保証です。利息はあまり多くはありませんが、最も身近で安全性が高い金融商品です。

普通預金は、預金していれば利子がつきますが、他の金融商品に比べて、金利率は低いです。そのため、普通預金は貯蓄を行う口座としてよりも、決済のための預金口座として扱われる事が多く、流動性のあるお金を預けておく際に利用されています。

通常は、ここから貯蓄する資金をわけて貯蓄が行われます。流動性のあるお金を預けておくことが多いので、普通預金は預け入れや払い戻しが自由に行えます。

銀行に行かなくても、普通預金はキャッシュカードを使用すれば、ATMで自由に入出金ができ、最近では24時間取引が可能です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.