定期預金の期間

定期預金の期間は、1ヶ月〜6ヶ月、1年〜10年などの期間があります。

預け入れの期間によって利率は異なる

定期預金の期間は加入時に決められます。初めて定期預金を組む時は事前に貯金金額や貯金期間、その定期預金の特徴などを把握しておきましょう。

最初に定期預金の預け入れ金と期間を決めます。金利は預け入れ金額と期間によって変動しますので、この2つが明確になっていないと自分に一番良い銀行を選ぶ事が出来ません。

定期預金の期間

定期預金の預け入れ金額と期間を設定したら、各銀行の金利を比較します。ネットバンクは金利が高く設定されているので、今から定期預金をする方はネットバンクを中心にリサーチする事をお勧めします。

また金利の比較も大切ですが、途中解約が出来るかどうか、途中解約した場合の金利はどうなるのかという事も確認しておきたいです。加えて、各銀行の特徴も調べておきましょう。

定期預金の期間は、1ヶ月〜6ヶ月、1年〜10年などの期間があり、その期間によって、利率が定められています。定期預金の預け入れの期間によっても利率は変わってきます。一般に満期までの期間が長い定期預金の方が、利率は高くなります。

ただし、銀行によって利率が大きく異なりますので、ある銀行で10年定期するよりも、他の銀行で5年預け入れしていた方が利率が高いという場合もあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.