元本保証について

元本保証とは、預けた商品の資産が目減りすることなく、満期日に払い戻されることが保証された金融商品です。

円の普通預金や定期預金が代表的

元本保証の商品はリターンは少ないのですが、安全性が高くて人気があります。元本保証とは、預けた商品の資産が目減りすることなく、満期日に払い戻されることが保証された金融商品です。元本が保証されているために、金利は比較的低くなっています。しかし、タンス預金として家に資産を置いておいても利息が増える訳ではないし、かといって元本割れなどが起こるリスクの高い預金は敬遠したいとお考えの人にはピッタリの商品です。

元本保証の商品は、銀行などの金融機関が扱っている円普通預金や円定期預金、スーパー定期といった金融商品が代表的です。これらの商品は金利は低いのですが、元本割れがない安全な商品として利用されています。さらに、預けている銀行などの金融機関が破綻した場合にも、預金保険制度で元本1000万円とその利息分までは保護されます。

また、国債社債、元本保証型投資信託などは投資性のある商品ですが、実質元本保証の商品です。そして定期預金などの預金商品よりも利回りが良いので人気があります。国債や社債が実質的に元本保証のある商品と呼ばれているのは、債券を発行している自治体や企業が破綻する恐れはないと考えられているためです。けれども国債の中には特殊なケースとして、元本保証の約束がない物価連動国債という債券もあります。

さらに銀行などで扱っている金融商品の中では、円仕組預金が元本保証になっています。しかし、これらの仕組預金は途中解約をしてしまうと元本割れの恐れが発生します。

反対に元本保証のないものには、株式投資FXなどのハイリスクハイリターン型の商品があげられます。これらの商品は投資性が高く、近年の預金金利の低さに嫌気が差した個人投資家などの利用が活発になっています。

元本保証の金融商品

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.