元本保証(個人向け国債)

元本保証である個人向け国債は、リスクが少ないので人気があります。

日本政府のデフォルトはありえないがゆえの安心感

元本保証である個人向け国債は、リスクの少ない投資商品として人気です。個人向け国債は潰れる心配のない、国が発行している債券です。元本保証もあり、金利も高く、一時期は資産運用には欠かせない金融商品といわれていました。最近は金利が低いので以前のような注目度はありませんが、初めての投資に選ぶ方が多い安定感のある商品です。

個人向け国債が元本保証を約束されているのは、国が発行している債券のためです。今の日本政府が経済状況の悪化でデフォルト(債務不履行)する状態になるとはとても考えられません。デフォルトとは、お金を貸した相手がお金を償還できなくなることです。このような心配は日本の国債にはないと考えられています。

個人向け国債は元本保証があり、1万円から1万年単位での気軽な購入ができる債券です。個人向け国債という名称の通り、個人が購入しやすくなっています。同じような国債で利付国債がありますが、こちらは5万円から5万円単位での購入になるため、個人向け国債の方が価格的に手頃な設定になっています。

個人向け国債は定期預金とよく比較されます。どちらも元本保証の商品で、銀行などの金融機関で購入できます。特に個人向け国債は種類によって販売期間が決まっており、固定3年は毎月、固定5年と変動10年は年4回発行されます。

個人向け国債は満期が決まっているため、その期間中に使う予定のない資金を活用できます。個人向け国債は元本保証されているので、国債よりも金利の低い金融商品やタンス預金を続けるよりはメリットがあります。また、銀行などの定期預金とは異なり、国債は1年経てば年2回分相当の利息を元本から引かれることで中途解約も可能です。ペナルティ金利なども発生しないので、有利な金利の商品が登場した場合には乗り換えも気軽にできます。

元本保証(個人向け国債)

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.