元本保証(地方債)

地方債は地方公共団体が発行している債券であり、元本保証がほぼ約束されています。

地方債は余裕資金で買って、満期まで持ち続けるのが安心

地方債は元本保証がほぼ約束されている債券です。地方債は都道府県や政令市などの地方公共団体が発行体となり、公共施設の建設やインフラ整備のために使われる公共債です。国債は国の事業に使われますが、地方債は集めたお金を県や市といった地方公共団体の事業に利用します。

地方債は発行体がそれぞれの市や県であるため、その地方自治体ごとに債券の期間や利回りが異なります。自治体により信用リスクに差があるので、金利にも違いが出てきます。しかしながら、突出した高金利の地方債はありません。

地方債はリスクの少ない初心者向きの投資商品と言われています。その理由としては、国債と同じように地方債も元本保証された金融商品であるためです。国債は国が破綻しなければ元本割れなどのリスクがないのと同じように、地方債も都道府県などが破綻することがなければ元本保証されます

地方債には様々な種類があります。個人が購入できるものとしては、広く公募が行われて多くの人々が入手できる市場公募地方債や、地元の人を対象にした住民参加型市場公募地方債、いわゆるミニ公募債があります。購入は既存の銀行や住信SBIネット銀行といったネットバンクなどの取扱金融機関で行えます。価格は1万円からのものが多く、手軽に資産運用できるのがメリットです。また、地方債は元本保証が実質的になされている商品なので、手堅い投資をしたい方に向いている金融商品です。

地方債は元本保証された商品ですが、債券の売買取引を行っている大きな市場が無いために、証券会社との直接の取引をすることになります。急な現金化のために手放そうとすると、簡単に売却できなかったり、元本割れする恐れがあります。地方債の購入は余裕資金で行い、満期まで持ち続けていたほうが安全です。

元本保証(地方債)

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.