仕組預金について

仕組預金は高い金利が付くかわりに、銀行に有利な特約のある商品です。

仕組預金には制限やリスクがつきもの

仕組預金は高い金利が付くかわりに、銀行が有利な特約をもつ預金商品です。銀行に有利な特約とは、預金の期間延長や期間短縮の判定を銀行が決められるということです。また銀行側は他に、為替の変動によって預けている通貨を外貨に変更できるタイプの仕組預金も取り扱っています。

仕組預金は預金という名前が付いているので、従来の円普通預金や円定期預金と同じように、お金を預ければ金利が付く預金商品と思われがちです。しかし、ほとんどの仕組預金はなんらかの制限やリスクを伴う投資商品だということを認識しておきたいです。

仕組預金が従来からある預金商品よりも高い金利を設定できる理由は、デリバティブを組み込んだ預金だからです。デリバティブは金融派生商品とも呼ばれており、先物取引やオプション取引やスワップ取引などが組み込まれている、金融工学を利用したハイリスク・ハイリターン型の運用商品です。

仕組預金を利用する際のリスクとして念頭に置いておきたいのは、元本保証のない商品が存在することです。円預金タイプの場合は、通常はどのような預金商品でも元本保証があります。けれども仕組預金には、円預金タイプでも途中解約をすると元本割れする商品があります。

仕組預金において、どの商品を利用するのが良いのかを比較するコツがあります。その比較検討のポイントは、まず従来の預金と同じように金利を確認します。特に仕組預金の場合は、「当初預入期間の金利」と「最長預入期間の金利」に注目します。仕組預金は、銀行側が満期を決めることが出来る商品なので、早期に満期を繰り上げられる可能性があります。そのため、当初決められている預入期間の金利が高く、最長預入期間の金利が低い商品なら、満期が予想より早く来ても高金利の利息を得られる確率が高くなります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.