仕組預金とは

仕組預金とは、金融機関が商品にオプションを付けることを条件にして高金利を実現している商品です。

仕組預金はハイリスクハイリターン

仕組預金とは、金融機関が商品にオプションを付けることを条件にして、高金利を実現している商品のことです。商品のオプションには、預入期間や特約レートの決定権などがあります。この銀行側が決める特約には、預金者にとって不都合な部分が出てくることがあるので、預入の前にはその商品の概要を確認することが大切です。

仕組預金とは、通常、銀行が扱っている普通預金定期預金などの預金商品とは違って、ハイリスク・ハイリターン型の運用商品です。仕組預金は金利を高く設定していますが、その代わりに金融機関が様々なオプションを決められる金融商品です。たとえば銀行側が決められるのは、満期日の期日を早めたり、延長したりすることです。

仕組預金とは、金利の高さが人気の金融商品です。金融機関の中には、仕組預金の金利を外貨定期預金などの外貨預金よりも高く設定している所もあります。ただ金利は経済状況によっても変動します。

たとえば高金利だと思える金利が仕組預金で提供されていても、数年後には一般の金利自体がもっと高くなっている場合があります。その時に新しく預金を組み直そうとすると、通常の円定期預金では解約のペナルティによる金利の低下はあっても元本割れのリスクはないので、比較的簡単に解約することができます。しかし仕組預金の場合は、そもそも解約することができないタイプの商品であったり、解約すると元本割れする可能性が高いタイプの商品であったりします。そのため中途解約をして新しい預金に組み直すことはとても難しいです。

仕組預金の中には商品の特約の内容によっては、支払う通貨を銀行側が決められるタイプの商品もあります。そういった仕組預金は、通常の円預金よりも高金利に設定されています。その高金利の代わりに、銀行側が支払う通貨を決められます。たとえば預金の開始時には円で預入をします。そして満期日の払い戻しの時には、預入時よりも円高の場合には外貨で払い戻しをして、円安の場合には円で払い戻しをするなどです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.