仕組預金の金利

仕組預金の金利は、一般的な円定期預金などの金利よりも高いです。

仕組預金の金利が高い理由

仕組預金の金利は、円定期預金などの金利よりも高く設定されています。仕組預金は預金自体にデリバティブを組み込んだ投資性の高い商品です。そして、販売している金融機関の側が仕組預金の満期までの預入期間を決められたり、市場金利の動向を見ながら満期払い戻しの通貨を円や外貨に変更できます。そのような制限を設ける代わりに、預金者に高い金利を提供しています。

たとえば、じぶん銀行のステップアップ定期預金は円仕組預金であり、円普通預金や円定期預金よりも高金利です。この仕組預金の預入期間は10年間で、前半と後半に最大2回の利払いが予定されています。その代わりに銀行側が満期を短縮したり、延長することができるタイプの商品です。

同じような商品で、仕組預金で金利がどんどん上がっていくタイプのものが、新生銀行のパワーステップアップ預金です。こちらは預入期間が最長10年の仕組預金です。当初の3年間は金利が据え置きですが、それ以降は年々金利が上がっていきます。しかし、こちらも通常の円定期預金よりも高金利な代償として、銀行側が満期日を繰り上げることができます。

仕組預金の金利は、販売をしている銀行の円定期預金よりもおおむね有利な金利に設定されています。そしてそれを条件にして、銀行側の都合で満期日が決められます。

ただ、当初は仕組預金の方が高い金利であっても、将来的に景気がどんどんと良くなっていき、今預けている仕組預金よりも金利の高い預金商品が登場する可能性もあります。そのような時には、銀行側は仕組預金の満期日を延長して、低いままの金利を続ける可能性が高いです。その方が銀行にとっては得だからです。このように預けた当初は高金利でも、社会情勢などの影響で低金利の預金になってしまうリスクが仕組預金にはあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.