外貨仕組預金

外貨仕組預金は外貨預金と同じように、外貨で運用する商品です。ただし、デリバティブが組み込まれています。

為替レートの都合で、受取りの通貨が変わる預金

外貨仕組預金は、外貨預金と同じように外貨で運用する商品です。入金する通貨が円、支払いは外貨というタイプや、入金は外貨、支払いは外貨か円というタイプがあります。そして外貨仕組預金はデリバティブが組み込まれているために、通常の外貨預金はもちろん、定期預金とも性格の違う預金商品になっています。

外貨仕組預金は、満期日に受取り通貨が外貨になる可能性のある商品です。しかし必ず外貨になるとは限りません。この支払い通貨は為替レートから判断されて、あらかじめ決められた特約通貨(多くの場合は円またはドル)の中から銀行側にとって有利な通貨が選ばれます。

外貨仕組預金の特徴は、預入期間やそれに伴う金利、受取通貨の種類(円や豪ドルやNZドル…)など、利用前には確定されていない流動性があることです。そのような不確定要素がある分、金利が高くなっています。

前述のように外貨仕組預金は金利が高いのですが、その代わりに為替レートの都合で、支払い通貨が外貨や円に変更されるものがあります。通常は銀行が設定しているレートよりも円高になった場合は、外貨で支払われます。すると預金の全額が外貨に両替されたうえで返され、預金の金利も外貨で受け取ることになります。けれどもこの場合は、受け取った外貨を円に替えようとすると問題が発生します。それは為替レートが円高のため、円に戻すと預金が目減りをしてしまうからです。

そして、為替レートが円安の場合には円で受け取ることになるので、今度は円安のメリットが得られません。つまり円安時に支払通貨が外貨なら、円に両替するとより多くの円が受け取れるからです。一般に、外貨預金は満期時に預入時よりも円高の時は円の価値が上がるので損をしますが、円安になると円の価値が下がるので得をします。けれども、外貨仕組預金は円安になっても支払い通貨が円のため、元本が増えません。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.