MMFの活用

MMF活用のためには、MMFの特徴と性質を踏まえることが大切です。

賢くMMFを活用して、着実に資産を増やす

MMFを活用し、効率よく資産運用していくためには、MMFの特徴をふまえ、その性質に合った活用をすることが大切です。先に述べた通り、MMFは、安全性と柔軟性を特徴とする金融商品です。安全性が高い商品と言えば、銀行等で扱われている定期預金が代表的ですが、MMFは定期預金よりも金利が良く、30日を経過すればいつでも換金することができるというメリットを持っています。そのため、資金の流動性を維持しながら、安全かつ安定した運用を目指す場合に、活用することができます。

また、投資信託売買用の予備資金として、MMFを活用することもできます。MMFにある程度まとまった資金を入れておくことにより、投資信託を購入する際、その都度、証券会社に資金を入金する手間が省けます。スムーズな投資信託取引ができますし、振込手数料の節約にもつながります。

MMFの活用は、投資初心者にもおすすめです。MMFは、国債や信用格付けの高い社債を投資対象としている、リスクの低い公社債投資信託です。景気の影響を受けやすい株式を組み入れていないため、安定した運用が可能です。安全性が高く、元本割れの可能性もほとんどないため、初めて投資信託を購入するという人でも安心して活用することができるでしょう。購入価格も一口1円と、小額からの取引が可能ですので、一口1万円もかかる国債や社債よりも敷居が低いと言えるでしょう。

ただし、MMFを活用する際には、投資元本は保証されていない、という点に気をつけなければなりません。MMFは極めて安全性の高い商品ですが、投資信託である以上、金利リスクや信用リスクは避けられません。金利変動等により債券価格が下落したり、債券の発行会社の業績の悪化によって基準価額が下落したりすれば、元本割れを起こすこともあります。また、購入後30日未満で途中解約すると、解約の手数料として信託財産留保額がかかることも念頭においておきましょう。

MMFは、外貨預金や外貨建てMMFと比べると、利回りの低い商品ですが、毎月着実に分配金を得ることができます。そのため、貯めることを目的とする定期預金や普通預金に加えて、賢くMMFを活用することにより、着実に資産を増やしていくことができるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.