外貨預金とは

外貨預金とは円を外貨に交換して、高い金利と為替差益を狙う預金商品です。

高金利な外貨預金の魅力

外貨預金とは、円を外貨に交換することによって、高い金利と為替差益で利益を得る預金商品です。外貨預金は今では多くの金融機関で取り扱いがあり、比較的手頃な資産運用の商品として認知度が高いです。

外貨預金とは、1998年(平成10年)の外為法改正により、全ての金融機関で取り扱いが認められるようになった預金商品です。そのため、今では銀行信用金庫、証券会社をはじめとして、新生銀行住信SBIネット銀行ソニー銀行などといった比較的新しい形態のネット銀行でも取引ができるようになっています。

外貨預金が全ての金融機関で利用できるようになった頃は、バブル崩壊後の低金利政策により、日本では預金金利が大変低くなっていました。そのため高金利な外貨預金は、一気に投資商品としてポピュラーな存在になりました。当初は外貨預金とは、日本の金融機関での金利の低さに嫌気がさした投資家が注目した預金商品でした。

当時の日本の金融機関はゼロ金利政策のために預金金利が低かったので、外国の高金利な預金はそれだけで魅力的でした。また当時は円高を推奨する政策でもあったので、より多くの外貨を購入することができて外貨預金を利用しやすい環境でもありました。外貨預金は将来的に預入時よりも円安になれば、外貨預金を解約したり換金したりすれば為替差益が狙えるメリットもあります。そういった背景もあって、外貨預金は当初は大変な人気がありました。

外貨預金とは、米ドルや豪ドルなどの外貨と日本円を交換して、外貨で預金をします。商品の特性として外貨への換金が必要なので、その際に為替レートでの差額が発生したり、為替手数料が掛かります。近年では為替手数料の安さから、FX(外国為替証拠金取引)の方を利用する人も多くなっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.