外貨預金と円預金の違い

外貨預金と円預金の違いは、預けるお金の種類にあります。外国の通貨を預金するか、日本円を預金するかの違いです。

一番の違いは金利の高低差

外貨預金と円預金の違いは預けるお金の種類です。外貨預金は米ドルや豪ドルといった利用したい外国の通貨を選んで預金します。円預金の場合は、預金通貨は日本円のみが対象のため、他国の通貨を利用することはできません。

外貨預金と円預金の違いは、そのまま自国の通貨を利用して預金するのか、円を他国の通貨に両替して預金するかの違いです。円預金は円のみが対象なので、普段国内で使っている日本円を両替する必要はありません。けれども外貨預金では、円を他国の通貨に両替して預金する必要があります。そのため、両替時の経済状況によっては為替差益や為替差損の出る場合があります。

さらに外貨預金と円預金の違いには、為替手数料の有無もあります。円預金には円普通預金や円定期預金がありますが、こちらの預金を利用しても為替手数料は発生しません。しかし、外貨預金の外貨普通預金や外貨定期預金は、利用するたびに金融機関へ一定の為替手数料の支払いが必要です。外貨預金の為替手数料は金融機関によって価格が違っており、比較的安く設定されているのはネットバンクです。

また、預金をする場合に一番気になるのが金利です。円預金の金利も一時期に比べると徐々に上がってきていますが、外貨預金に比べると雲泥の差です。金利も通貨によって差がありますが、比較的高金利で人気なのは豪ドルなどです。

このように外貨預金と円預金には違う点がいくつもあるので、その内容をしっかり理解してから利用したいです。とくに外貨預金を利用する場合は、金利の高さ以外に各種手数料や為替レートの変動にも注意が必要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.