外貨預金のメリット

外貨預金のメリットは、円預金よりも金利が高い点です。

外貨預金のメリットを活かして資産の目減りを防ぐ

外貨預金のメリットは、円預金よりも金利が高いところです。日本円の預金金利に比べると、数倍の金利差があります。外貨預金の金利は各金融機関で異なりますが、おおむねソニー銀行住信SBIネット銀行などのネット銀行が高金利です。また外貨預金のキャンペーンも多くの金融機関が開催しています。通常よりも高い金利が提供されるのでチェックしておきたいところです。

また外貨預金の種類においては、金利が高いのは外貨普通預金よりも外貨定期預金です。それは外貨普通預金は円預金と同じようにいつでも入出金が可能ですが、外貨定期預金は一定の預入期間が設けられているからです。

外貨預金のメリットであげられるが、為替差益によるリターンです。外貨預金を始める時に円高で、そして預金を下ろす時に円安だと為替差益が得られます。しかし、為替レートの変動で円高の時に預金を下ろすことになると、逆に為替差損が発生してマイナスになるので注意が必要です。また外貨預金は金利の高さで得られる利益よりも、為替差益や為替差損の額が金額的に利益に大きく影響する商品です。

他の外貨預金のメリットとしては、財産の価値を経済の影響から守れることです。最近は日本もインフレ気味の経済政策をとっています。ですので物価が大きく跳ね上がって、経済がインフレーションを起こす可能性もあります。インフレ気味の経済では、紙幣価値は下がってしまいます。けれども外貨預金でを外貨に替えていれば、その分の資産は円の貨幣価値が下っても守ることができます。

世界経済の影響を受けながら、為替は毎日変動しています。ほとんどの資産運用商品は、その為替の変動で金利が上下します。そのため今や資産の分割運用は常識になっています。もちろん外貨預金もそういった商品の一つです。外貨預金を複数の銘柄、時間差で投資したりすることで、リスクを減らして外貨預金のメリットを最大限に受けられるようにしたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.