外貨預金のデメリット

外貨預金の大きなデメリットのひとつは、両替の際に為替手数料が掛かるところです。

外貨預金がもつ特有のデメリット

外貨預金の大きなデメリットのひとつは、為替手数料が掛かるところです。外貨預金は預け入れる時には、日本円を外貨に両替します。そして預金を解約して払い戻すときには、外貨を日本円に両替します。その際の両替の手数料を為替手数料といいます。この為替手数料は金融機関ごとに設定ができ、円を外貨に両替して預け入れる場合の為替手数料をTTS(売値)、外貨を円に両替して払い戻す場合の為替手数料をTTB(買値)といいます。

通常、この為替手数料は大手の銀行ほど高く設定されています。反対に住信SBIネット銀行新生銀行などのネット銀行は比較的安価になっています。けれども、FX会社(外国為替証拠金取引)の手数料に比べるとまだまだ高い設定になっており、それが外貨預金のデメリットといえます。

他の外貨預金のデメリットには為替差損があります。この為替差損は外貨預金を円安傾向の時に購入して、円高傾向の時に払い戻しや解約をした時に発生する損失です。為替差損は、為替差益とは逆の状態をいいます。

たとえば、円の価値が低い時に(円安)、1ドル=100円で外貨預金をはじめます。しかし、その後、円の価値が高くなってしまい(円高)、当初1ドル=100円だった通貨が、1ドル=90円になったところで円に戻したとします。すると1ドルあたり10円分の損失になります。このケースにおいて外貨預金に100万円分の預金をしていたら、10万円の損をすることになります。そして合計金額は90万円となって、為替差損になります。

他にある外貨預金のデメリットとしては、普通の預金と違って預金保険機構の保護の対象ではないことです。日本の金融機関は万が一の場合、預金保険制度によって預金者保護のために1000万円までの預金とその利息の保護をしています。けれども外貨預金はその保険の対象外となるため、利用する金融機関の格付けや健全性はチェックしておきたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.