外貨定期預金で資産運用

資産防衛を考える人の間で、外貨で運用する外貨預金や外貨定期預金の注目が高まっています。とくに外貨定期預金は通常の円貨の定期預金以上に高い金利を設定している金融機関が多いことから、外貨預金で運用を検討するなら外貨定期預金がお得です。

外貨定期預金のセットプランが多数登場

資金を資産運用に活用する場合には、株式投資投資信託などの投資商品を活用することが一般的な運用手段とされています。ただ価格の変動が大きく、時には投資元本を大きく割り込むことも少なくありません。しかし、今の日本経済において、資産運用が必須であるとは言わないまでも、政府の物価引き上げによる景気浮揚策や膨大な国の借金、少子高齢化による不安定な経済の先行きなど、資産防衛を取り入れていかなければならないことも事実です。そうした背景から、外貨で運用する外貨預金や外貨定期預金の注目が高まっています。

外貨預金とは、日本の円貨を他の国の通貨に交換し保有することですが、一般に高い利息を受取ることができることや為替相場の動向によっては、為替差益で投資元本を増やすことができるといった魅力があげられます。外貨預金の金利は、その国の金利を基に設定されるので、国によって金利は様々です。一般に国の経済規模や景気動向が不安定な国の金利は高く、安定した国の金利は低いことから、先進国の通貨よりも新興国の通貨の金利が高い傾向にあります。特に、外貨定期預金は通常の円貨の定期預金以上に高い金利を設定している金融機関が多いことから、外貨預金で運用を検討する場合は、外貨定期預金がお得です。

為替相場の動向は世界経済の影響などを受けながら日々変動しており、換金時の為替相場が円安であれば利益となりますが、円高であれば損失となる為替変動リスクを常に意識しておかなければなりません。例えば1ドル100円で外貨預金を預入した場合は、1ドルが110円のときに外貨預金を解約して円に交換すると円安で利益となります。しかし1ドルが90円のときに外貨預金を解約して円に交換すると円高で損失となるといった具合です。外貨運用を行う投資家は、概ねこの為替差益を目的とする傾向にあります。

外貨預金には、メリットばかりではなくいくつかのデメリットもあります。一つは、為替手数料がかかることです。、金融機関ごとに為替手数料を定めているために手数料率の条件はまちまちですが、米ドルの外貨預金を店頭で申し込んだ場合は、片道1円と設定している銀行が多くみられます。そのため、円から外貨へ交換し、また円に戻すとする場合、円安による為替差益を狙う場合は申込時から2円の費用以上の円安とならなければ利益が得られないということになります。また外貨預金はペイオフの対象外となっているので元本保証はありません。外貨定期預金については、円貨の定期預金と同様に中途換金ができません。こうした点からも外貨定期預金は円の定期預金よりも運用色が濃い預金商品といえます。

外貨を投資対象として運用する場合には、外貨定期預金だけでなく投資信託や外国債券といった投資商品を活用することもできますが、外国債券や投資信託は株式や債券といった投資対象自体の価格が変動するため、外貨ベースにおいても投資元本割れとなるリスクがあります。それに対して外貨定期預金は外貨ベースでは元本割れすることがないので、外貨でしっかりと運用することができます。外貨定期預金は商品概要説明書に、投資信託や外国債券は交付目論見書に留意事項や注意事項が記載されています。外貨定期預金や外国債券(円貨からの購入)は申込みの際に為替手数料がかかります。しかし投資信託は購入手数料や信託報酬等、商品によっては信託財産留保額等の費用負担が発生するために費用面でも負担が大きいです。ですので満期のある投資商品として、外貨定期預金は十分に使い勝手のよい仕組みとなっています。

外貨定期預金の運用ニーズは、昨今の金融機関が提供しているセットプランにもあらわれています。外貨定期預金を検討する個人は、概ね運用リスクの許容度が高いと見られており、株式投資信託や外国債券、NISA口座の申し込みを外貨定期預金や円の定期預金と同時に申し込むといった条件に応じて、円の定期預金の初回適用金利を上乗せするといったマネープランが多数提供されています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.