外貨預金で中長期の資産運用

外貨預金を資産運用に活用できる理由は主に2つです。1つは外貨預金自身がもつ高金利と、円安ドル高による為替差益です。もう1つは円貨を外貨に交換することによる資産価値の維持です。

短期的な為替相場の変動は想定が困難

資産運用商品の1つとして、外貨預金が投資家の注目を集めています。我が国では、1996年以後の金融ビックバンと言われる大規模な金融制度改革によって銀行主体の間接金融から、資本市場を活性化する目的で直接金融への流れが進み始めました。株式投資信託などの投資の流れをスムーズにするべく様々な投資環境が整備されて資産運用が身近なものとなり、今や資産運用は当たり前の時代になっています。しかし、資産運用の代表格である株式や投資信託などの投資商品は値動きが大きく、場合によっては多額の元本割れにもつながりかねません。それでも我が国では長らく低金利が続き、景気動向もままならない状況となっています。それゆえに円の定期預金だけではどうにもならず、金利差が大きい外貨預金に注目が集まっているのでしょう。

私たちが外貨預金を有効な資産運用の手段として活用できる理由は主に2つあります。1つは外貨預金で適用される高金利と円安ドル高による為替差益で投資元本の増加の可能性を期待できることです。もう1つは、円貨を外貨に交換しておくことで資産価値の維持につなげられることです。証券会社で株式や投資信託を外貨で取引することはできますが、外国為替相場の変動だけでなく、様々な商品価格の変動や個別商品の要因が投資成果に影響を与えるため、シンプルな仕組みの外貨預金は資産運用商品としても適していると言えるでしょう。

外貨預金で資産運用を考える場合には、投資目的と運用期間と許容できる為替リスクなど、自分なりの運用方針を事前に考えておく必要があります。一口に外貨預金と言っても様々な通貨で取り組むことができる金融商品なので、為替相場の変動具合や適用金利はそれぞれ違います。取り扱う通貨は金融機関によって違いますが、先進国の通貨である米ドルやユーロなどは、ほとんどの金融機関が取り扱っています。外貨預金の価格変動リスクは、主に為替変動リスクです。為替リスクとも呼ばれますが、通貨の種類や投資のタイミングなどによってリスクの大きさは変わってきます。一般に大きな為替レートの変動が見られる場合は為替リスクが大きく、比較的緩やかな為替レートの変動が見られる場合は為替リスクは小さい傾向にあります。

世界の通貨は先進国の通貨と新興国の通貨に大別されます。米ドルやユーロや豪ドルなどの通貨は流通量が多く、信用力が高い先進国の通貨と位置付けられています。そしてブラジルレアルやトルコリラなどの通貨は先進国の通貨に比べて流通量が少なく、信用力も先進国には及びません。そのため、先進国の通貨は新興国の通貨に比べて低金利で為替相場の変動も小さくなりますが、新興国の通貨は高金利で為替相場の変動も大きくなります。新興国の通貨がハイリスクハイリターンということになります。

信用力による元本金額の変動の抑制なのか、もしくは高い運用利回り期待なのか、どちらを優先するかはそれぞれの運用方針によるところですが、短期的な為替相場の変動は想定が困難であるため、中長期の資産運用の観点から外貨定期預金で利用することが望ましいでしょう。外貨定期預金は原則中途解約ができませんが、預入日数に応じて長期であるほど高い金利が適用されています。中長期の運用は投資元本の変動に関わらず高い利息を受取り続けるため、仮に為替差損により投資元本が目減りする状況であっても、時間の経過によって受け取る利息が投資元本の目減り分を補うため、投資成果が出しやすくなります。

資産価値の維持を意識する場合は、主要通貨、特に米ドルが選ばれています。我が国は現在、物価を上昇させることで景気を浮揚させる政策を行っています。物価が上昇するということは、お金の価値が低下する、つまり日本円の価値が低下することを意味します。日本円の価値が低下するということは、対極にある外貨の価値は必然として上がります。特に世界の通貨の基軸は未だ米ドルです。物価上昇に備える外貨の保有は、実質的な金融資産の価値を減らさないということにつながるわけです。物価が上がり続けると今まで買えたモノが買えなくなります。そういった事態に備えるための資産運用としても、外貨預金は適しています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.