外貨預金とFXの違い

外貨預金は、銀行で日本円の現預金を外貨に交換して預金することです。それに対してFXは、FX業者や証券会社で取り扱っている外国為替証拠金取引といわれる金融商品の1つです。

外貨預金は中長期での投資、FXは短期での投資

外貨預金とFXはどちらも外国為替相場に関わる金融商品であるため、類似の商品として見られることもあるようですが、両者は全く違う商品です。外貨預金は、主に銀行で取り扱っており、手持ちの現預金を外貨の現預金に交換して外貨で預金することです。それに対してFXは、FX業者や一部の証券会社で取り扱っている外国為替証拠金取引と訳される金融商品の1つです。FXはFX取引専用の口座を開設して、口座開設した会社が定める一定の証拠金を差し入れると、それを担保に米ドルやユーロなどの外国通貨の取引ができるという仕組みです。差し入れた証拠金や各社が定めるルールによって取引できる金額は異なりますが、差し入れた証拠金の何倍、何十倍もの取引ができるので、投入した金額に対して損益の割合が大きくなるレバレッジを効かせたハイリスク・ハイリターンの取引です。成功すれば利益が多い反面、相場の見通しが外れると、当初差し入れた証拠金以上の大きな損失が発生する場合があります。

外貨預金は、外貨と交換するので買いしかできませんが、FXは外貨預金と違って担保を基準に取引するため、買い、売り、両方の投資手法を用いることができます。そのため外貨預金ならば円安を期待した片道の取引となりますが、FXは売りから入って円高となった場合にも儲けられるので、どんな為替変動でも対応することができます。株式で言う信用取引と似た仕組となっています。ただし両方の金融商品ともに外国為替取引に類するので、相応の為替手数料がかかります。銀行窓口よりもネット取引やネットバンクが安く、外貨預金よりもFXの為替手数料が安い傾向にあります。FXは外貨預金と比較して為替変動リスクを積極的に取りにいく短期的な取引が主流となっており、そのような投資家を囲い込むべくFX業者などの金融機関の低コスト競争が進んでいます。株式などのネット証券の手数料競争とよく似た状態となっており、FXもネット取引を利用した方が為替手数料が安い傾向にあります。

外貨預金は、その通貨の金利に応じて利息を受取れますが、FXにもスワップ金利というものがあります。スワップ金利は、低い金利の通貨を売って高い金利の通貨を買うFX取引を行ったときに、金利差分を受け取れるという仕組みです。スワップ金利は、対象通貨の国の政策金利の金利差が大きければ受け取れる金利も多くなりますが、短期金融市場における需給や世界情勢などが要因で日々変動しているので、取り組むタイミングにも注意が必要です。

FXは外貨預金よりも多くのメリットを有していますが、反面、元本割れだけではなく、追加の資金の差し入れを迫られるといったリスクがあります。為替差損で損失となった場合、追加の担保として証拠金が必要となる場合があるからです。外貨預金であれば、当初、外貨と交換した時点で取引が成立しており、追加の資金を迫られることはありません。しかしFXは証拠金が担保となり、その担保を基準に担保の何倍もの取引を行うため、担保と取引金額を常時、時価評価しなければなりません。担保と取引金額は一定の割合を維持していますので、損失を被って維持できない状況となった場合には、取引維持のために追加の担保に係る資金を迫られる仕組みです。ですのでFXについては、状況によって途中で追加資金が必要になることに留意しておかなければなりません。FXは外貨預金というよりも、株式などの先物取引や信用取引と性格がよく似た仕組みになっていると言えるでしょう。

投資目的の観点からも両者の金融商品には違いがあります。外貨預金は円預金と比較して高い金利を得られることや、為替差益の享受や、金融資産価値の維持などの様々な投資目的によって利用されていますが、FXは主に為替差益狙いです。そのため外貨預金は中長期での投資が、FXは短期での投資が主流となっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.