スマホ銀行の内容

スマホ銀行の内容は年々充実しており、銀行窓口やネットバンクを利用するのと変わらない利便性を誇っています。

じぶん銀行やみずほ銀行やソニー銀行が有名

スマホ銀行の内容は年々充実しています。ガラケーと呼ばれる携帯電話の利用者がスマートフォンへ移行するに従い、スマホを利用した銀行業務の内容もますます便利になっています。今では銀行のスマホアプリやサイトは、銀行窓口やネットバンクを利用するのと変わらない利便性を持っています。さらに最近はスマホの利点を活かし、より便利に利用できるシステム作りが進んでいます。

スマホで銀行取引の内容を確認してみると、新規口座開設からはじまり、残高照会や出金明細の照会といった基本的なサービスがちゃんと使えます。預金取引は普通預金定期預金、外貨普通預金、外貨定期預金なども利用できます。また中には投資信託FX、カードローンの取引ができるスマートフォン向けバンキングもあります。

じぶん銀行などは自らスマホ銀行と名乗るほど、スマホを使った銀行の内容が先進的です。じぶん銀行の口座を持っている人同士なら、携帯番号と振込先の名前がわかれば入金できます。銀行の口座番号を聞く手間がありません。また、振込手数料が無料で利用できるのもうれしいサービスです。

また、メガバンクで初めてスマホアプリを提供したみずほ銀行は、モバイルSuicaに対応しています。みずほ銀行の普通預金からチャージすると、スマホをかざすだけでSuicaとして利用できます。さらに、みずほ銀行アプリから宝くじやナンバーズの購入もできます。

それからスマホ専用サイトを用意しているのがソニー銀行です。スマートフォンで見るのに最適化されたスマホ銀行の内容となっているので、ストレスなく利用ができます。ソニー銀行では、銀行取引ができるスマホアプリはありませんが、人気のポストペットを使った貯金専用の無料アプリ「カンタンおこづかいメモ」を提供しています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.