円高と外貨預金の関係

外貨預金のメリットは、高金利と為替差益です。

高金利の外貨預金

円高で外貨預金がクローズアップされています。日本株は震災後、やっと底値からは抜け出したような気配ですが、これから目を見張るほどの上昇感はあまり感じられません。そこで、日本とは比べ物にならない高金利の外貨預金が注目されています。

外貨預金は、円高の時に始めるのがベストです。現在は、歴史的にみると円高水準なので始め時としては悪くないです。

円高と外貨預金の関係

円高とは、外貨に対して円の価値が高いことを指します。為替レートは、シーソーのように、2つの通貨のどちらか片方が高くなれば、もう片方が安くなる仕組みです。たんに円高というときは、円高ドル安を差していることがほとんどですが、世界にはたくさんの通貨があります。ドルに対しては円高だけれど、ユーロに対しては円安ということもあります。

外貨預金は為替相場が円高の時に預け、円安の時に払い出すのがポイントです。外貨預金は為替相場の変動を受けます。円高の時に預け入れ、円安の時に引出すと為替差益を得ることができます。反対に、預け入れた時より円高であれば為替差損が生じ、元本割れになることもあります。外貨預金の怖さは,表面上見える高い金利の裏に隠れた為替変動リスクにあります。

外貨預金は外国為替手数料という手数料がかかります。この手数料は、預ける時にも引き出す時にもかかります。為替手数料は、通貨によっても金融機関によっても異なるので、比較検討することがおすすめです、外貨預金をはじめる時は、金利とあわせて手数料にも目を配りましょう。

手数料関係はネットバンクのサービスが充実しています。外貨預金は為替リスクを伴う金融商品です。手数料などで更にリスクを増やすのは勿体無いですし危険です。手数料や金利を比較してどの銀行を利用するかを決めましょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.